気をつけたいマナー|結婚祝いなど一生に一度のお祝いを贈る前に

気をつけたいマナー

ウェディング

金額

気持ちを金額の大きさではかることはできませんが、相手から頂いた結婚祝いよりも高額なお返しを贈ると、相手に対して失礼にあたります。そんな気持ちがないにしろ「あなたが贈ったものより高いものを用意できる」という印象を与えかねないのです。
その為、結婚祝いを頂いたときにはその相手の名前と相場を控えておくと便利。お返しを選ぶ際には、見定めた相場を超えないように注意して。

品物

先のページでも挙げたように、相手にお返しギフトを贈るときにはその品がそのシーンに適切かどうかを確認した上で贈りましょう。結婚祝いにNGとされているプレゼントには、定番の割れ物の他にハンカチも含まれています。
ハンカチは「手ぎれ」とも呼べる為、「手切れ」を連想してしまうことがNGの理由に。お返しを贈る際にも相手の体調や好みを考慮して選んであげましょう。

メッセージカード

品物だけだとどこか味気ない。それならメッセージカードを添えることをおすすめします。印刷されたものよりも手書きの方が、あたたかいぬくもりを与えられますよ。通販サイトを通すときにもメッセージカードを同封できるケースがあるので、店舗側に確認してみるといいでしょう。

手渡し方

相手が遠方に住んでいるなら宅配サービスの方が圧倒的に便利ですが、できることなら直接手渡すことをおすすめします。贈る人数が多いとなかなかままなりませんが、時間を割いてでも手渡しに来てくれたのか、と相手も感動することでしょう。
やむを得ず、宅配サービスを利用するにしても、相手に届く旨を一言伝えておくと受け取る側もその備えが出来るので助かります。

あまり遅くなりすぎないで

結婚祝いを受け取ってからお返しを贈るまでの期間は、目安として約1ヶ月です。あまりに遅すぎると、相手に対して失礼にあたる可能性がありますよ。結婚祝いを受け取る前に、どのようなものを贈ろうかとあらかじめ決めておくと楽かもしれないですね。